これまでの活動

1996年

6.15 設立

グリーグの誕生日6月15日に日本グリーグ協会設立。
正会員はグリーグの作品番号と同じ74名までとした(現在は会員人数の制限は無し)。
会長:大束省三(発起人代表)
副会長兼理事:上法茂 業務担当理事:鷲見尚保
監事:武井勇二
(その後の理事に川上剋美・中村章吉が加わる)
事務局:(有)クライス企画内
名誉会長:アイナル・ステーン=ノックレベルグ
協会発足を祝って、㈱アイヴィーの西崎敦社長よりNAXOS

「グリーグ ピアノ独奏曲全集 アイナル・ステーン=ノックレベルグ演奏 CD14枚BOX」が正会員74名に寄贈された。

10.27 主催

当時の名誉会員 ノルウェー王国ヨン・ビョルネビー大使の計らいで大使公邸において「日本グリーグ協会発足の集い」開催。
演奏 ピアノ:アイナル・ステーン=ノックレベルグ
フルート:エレン・ビョルネビー バリトン:吉江忠男
ハルダンゲル・フィドル:土本浩史

1997年

5.9~5.11協力

「ノルウェー王国芸術祭1997~1998JAPAN」
のオープニングイベントとして、アイナル・ステーン=ノックレベルグによる「グリーグピアノ作品連続演奏会」が世田谷美術館主催で同講堂にて行われた。

5.13 後援

「ノルウェー王国芸術祭1997~1998JAPAN」
主催:ハラ―ル・セーヴェルー生誕100年記念演奏会、
高輪プリンツヒェンガルテン・コンサートホールにて。
フルート:エレン・ビョルネビー
ピアノ:アイナル・ステーン=ノックレベルグ

5.14~5.16 主催

「ノルウェー王国芸術祭1997~1998JAPAN」
「グリーグピアノ作品連続演奏会」
高輪プリンツヒェンガルテンにて。
ピアノ:アイナル・ステーン=ノックレベルグ

5.27 参加

大束省三会長がノルウェー、グリーグの家トロルハウゲンのグリーグ・サーレンで行われた国際グリーグ協会に出席。

1998年

2.15 後援

「ノルウェー王国芸術祭1997~1998JAPAN」
スコラ・カントールム オスロ大学室内合唱団
主催:杉並区教育委員会 杉並区文化団体連合会
同 主催 協会の集い 「スコラ・カントールム歓迎会」於 杉並セシオン

2.21 後援

「ノルウェー王国芸術祭1997~1998JAPAN」
スコラ・カントールム オスロ大学室内合唱団
主催:クライス企画

11.10 後援

ヨアキム・アンセルムビー ピアノ演奏会
主催:山形 高畠町教育委員会

1999年

5.14~5.16 後援

北欧音楽祭すわ99
主催:北欧音楽祭すわ99実行委員会

9.14 後援

マッツ・ヤンソン ピアノリサイタル
主催:クライス企画

10.9 後援

井坂 恵 メゾ・ソプラノリサイタル

11.17 後援

トロン・セーヴェルー&アイナル・J.ロッティンゲン 
ジョイントコンサート99 主催:カワヨグリーン牧場

2000年

2000.4.28 協賛

「舘野泉 グリーグを弾く」
主催:音楽之友社

5.28 後援

正木文惠 ピアノリサイタル
主催:プロムジカ ノルテ

9.29 後援

東 園巳 メゾ・ソプラノリサイタル
ピアノ 舘野泉

10.5 共催

ノルウェーの歌声 共催:杉並区文化振興会
ソプラノ:グローヴェン・ホルンボーエ 
バリトン:ロルフ・ニークマルク
ピアノ:ガイル・ヘニング・ブローテン

11.3~11.5 後援

北欧音楽祭すわ2000

2001年

5.12 主催

ユウジン・ムルスキー ピアノリサイタル

11.2~11.4 後援

北欧音楽祭すわ2001

11.25 後援

アイナル・ステーン=ノックレベルグ ピアノリサイタル