RⅢ期

活動報告

2015年4月10日~12日本グリーグ協会プロジェクトVol.9

ご報告その3です。
日本グリーグ協会プロジェクトVol.94月12日、文京区の同仁キリスト教会で「グリーグを愛し 永遠を思う ★こころのコンサート☆~グリーグの子孫シェル・ヴィーグとともに~」を開催しました。日本グリーグ協会大束省三会長が、グリーグの遺作「四つの詩篇」への思いこめて企画・構成し、タイトルも会長がつけたものです。
内容~
*シェル・ヴィーグ氏と野津如弘氏(指揮)のミニ・トーク
*「四つの詩篇」をノルウェー語と、大束会長渾身の日本語訳での歌唱
*Op.40の「ホルベアの時代から」~ピアノと合唱のための「エア」(ブロアソンの詩「うるわしきかな」による)
4か月間この練習に取り組んでまいりましたが、本番のエネルギーが凄く、シェルさんの気持ち高ぶる巻き舌の発音に、私たち合唱もいつも以上に集中し(巻き舌もでき)、ノルウェー人も日本人も音楽に向かって一つになっていくのを感じました。
バリトン・ソロで美しいノルウェー語・日本語を披露してくれたシェル名誉会員、素晴らしい指導をしてくださった野津如弘先生、そしてこの企画に賛同し合唱参加してくださったピッコロぐらんでコーロ、フィエルルフテン、会員の皆様、プロの有志の皆様、本当にありがとうございました。

2015年4月10日~12日本グリーグ協会プロジェクトVol.9 

ワークショップ2ご報告その2です。
4月11日は椎名町のバッハはうす(グリーグはうすではないのですが・・・)で大束省三会長とシェルさんによるワークショップ「信仰と詩篇」を行いました。グリーグの信仰心、ノルウェーの歴史・宗教観のお話の他、シェルさんはグレゴリオ聖歌等歌声を披露してくださいました(通訳・ピアノ伴奏 正木文惠理事)。「四つの詩篇」のノルウェー語の発音レクチャー、それから翌日の演奏会のリハーサルとなりました。

2015年4月10日~12日本グリーグ協会プロジェクトVol.9 

マスタークラスKjellバリトン歌手である、グリーグ家の子孫シェル・ヴィーグ名誉会員との4日間が無事終了しました。4月10日の声楽マスタークラス、11日の大束省三会長とのワークショップ、12日は演奏会「グリーグを愛し 永遠を思う ★こころのコンサート☆」。そして13日はノルウェー王国大使館を訪問しました。

まず10日のマスタークラスのご報告です。皆さんグリーグの歌曲で臨まれました。
西さんマスタークラス藝大学位審査会でグリーグを歌われた西あゆみさん「夢」(写真)、既にプロとして活躍されている小村朋代さん「きみを愛す」「ソルヴェイグの歌」、12日の演奏会にも出演くださった白岩洵さん「白鳥」、グリーグを長く研究している土居千亜紀さん「ある人に2」「小さなヒシュテン」でした。日本ではノルウェー歌曲を学べる機会は少ないのが現状ですが、シェルさんは受講者の皆様がハイレベルだったと喜んでいました。シェルさんからノルウェー語の発音、歌詞の解釈、音楽的指導を受けられ、受講者の皆様のこれからの音楽活動のお役に立てれば幸いです。

2014年12月7日グリーグ ピアノ抒情小品集全曲演奏会

  • 2014年12月7日グリーグ ピアノ抒情小品集全曲演奏会すみだトリフォニーホールの小ホールで、グリーグのピアノ抒情小品集全曲演奏会が無事終了しました。第1集から10集まで66曲を、10人の日本グリーグ協会会員のピアニストが1集ずつ演奏するという企画で、ノルウェーの国際グリーグ協会からも絶賛されました。
  • ピアニストたちも改めて演奏曲目を研究し、それぞれグリーグへの愛と尊敬をこめて演奏しました。照明の色もピアニストの曲のイメージによって変化をつける演出をし、1集ごとの世界を味わっていただけたようです。そして通して聴くことで1集ごとの特徴やグリーグの音楽の魅力にも改めて気づいたり、66曲全てでひとつの曲のようだったという感想もいただきました。ピアノ教師の方も多く来場され、プログラムの充実した曲目解説が今後グリーグを演奏する際の参考にしたいという方もいましたので演奏や指導のお役に立てれば幸いです。
  • 第1集  伊藤美由紀
  • 第2集 山口亜弥子
  • 第3集 正木文惠
  • 第4集 平 夏穂
  • 第5集 久保春代
  • 第6集 セルバンテス堺多恵
  • 第7集 佐々木美奈子
  • 第8集 斎藤至
  • 第9集 飯田佐恵
  • 第10集 久保田葉子
  • 企画プロデュース:田邉英利子

2014年8月31日(日) グリーグピアノ抒情小品集紹介&コンサート

  • 2014年8月31日グリーグピアノ事情商品集紹介コンサートタカギクラヴィア松濤サロンに於いて標記イベントを行いました。講師は田邉英利子(日本グリーグ協会理事・事務局長)、ピアノ演奏は山口亜弥子(日本グリーグ協会会員)で、全66曲の抒情小品集のうち17曲を紹介。初心者向けと言われることもありますが、本当にそうでしょうか?そのような疑問点についてや、比較演奏、CDも使用した楽曲解説の他、曲名の背景にあるノルウェー文化の話を交えた2時間でした。北欧に棲んでいる(?)トロルの話では、グリーグが可愛がっていたトロルのぬいぐるみにも皆さん興味津々。皆さんに頭を撫でてもらいました。抒情小品集の面白さを少しでも楽しんでいただけたら何よりです。

今後の活動

  • coming soon

お問い合わせ・お申込み info@grieg.jp Tel 090-6195-7354
会員以外の方もイベントの参加ができます。